バイク陸送のニーズと今後

トラックの荷台などによくバイクを載せて、ロープなどの紐の類でよく固定していることがあります。このとき、他の場所へとバイク陸送するために行うものです。ここ10年ほどでバイクなどもインターネットオークションで競売に掛けられるようになり、出品側からら落札者側へとバイク陸送したりするケースも増えています。その他にも、購入した人の元へと運ぶケースもありますし、ある店舗では取り扱っていない場合に、他の店舗からこのバイク陸送により運んでくるケースもあるなど、事情はそれぞれです。

バイク人気は衰えず、中には若い女性の間でも人気が高まっているとされ、ツーリングに出かける人もいるとされています。今後もこうした人気の高まりがある以上、一定のニーズが予想されているバイク陸送です。ただ、地方ではそもそも自動車の方が人気が高いということもあって、その地域性によって必要性が変わるなどあるのがこのバイクですから、一律で決められるものでもありません。すなわち、今後もバイク陸送がニーズがあるかどうかは、不透明な部分もあると言うことです。

地方の足は昔は普通車で、昨今では軽自動車へと変わりました。この流れは今後も変わることなく進むと想定されますし、場合によっては軽自動車のニーズすらなくなっていくかも知れないと言われ始めています。それだけ少子化と高齢化が進んでいて、公共交通機関の利用を促進しようと行政では考えてきているわけです。