持ち込みタイヤ交換の依頼先の種類と特徴

持ち込みでタイヤ交換をしてくれる業者としては、カー用品店・タイヤ専門店・ガソリンスタンド・自動車整備工場・ディーラーがあります。カー用品店タイヤに限らず幅広い車製品を取り扱っており、店舗も多くほとんどのお店が持ち込みタイヤ交換を受け付けていることが特徴です。公式サイト上に工賃を掲載していることも多く、あらかじめ予算を立てやすいことがメリットです。タイヤ専門店の場合はタイヤに特化したサービスを提供しているため、作業レベルの高いスタッフが多いことが特徴です。

ただし、店舗でタイヤを購入してもらうことを前提にしている店舗が多いため、持ち込みタイヤ交換自体を受け付けていないこともあるため事前の確認が必要です。ガソリンスタンドは店舗の数が多いため、急を要する場合には非常に便利です。しかしタイヤ交換が専門ではないため設備が整っていない店舗も多く、あまり一般的ではない海外製のタイヤの場合は対応できない場合もあるので注意が必要です。自動車整備工場の場合は、整備のプロだけにタイヤ交換以外の整備についてもまとめて相談できることが特徴で、安心して依頼できることも魅力です。

工賃も平均的な相場ですが、業者によってサービス内容や工賃が大きく異なるため必ず事前に確認してから依頼するのがポイントです。ディーラーも安定した技術力が特徴ですが、基本的に車の規格に合わないタイヤには対応していません。またこれらの依頼先の中で最も工賃が高い傾向にある点に留意しておくことが必要です。