持ち込みのタイヤはいつタイヤ交換するか

持ち込みでタイヤ交換をしたい場合、どのタイミングで交換をした方が良いでしょうか。よくある持ち込みのタイヤ交換の事例としては、夏タイヤを冬タイヤに変える場合です。豪雪地帯ならば確実にスタッドレスタイヤなどを着用するケースが多いため、交換する時期が非常に重要になります。タイヤ交換の時期は、冬タイヤに交換をする場合雪が降る1ヵ月ぐらい前が良いでしょう。

例年11月から雪が降っている地域があった場合、11月に交換をしても少し遅いです。なぜなら、予想に反して早く雪が降る可能性があるからです。また、ちょうどその時期は持ち込みで交換をしてほしいと希望しているお客さんが多く、希望している日に予約が取れない可能性もあります。会社金が日曜日しか休みがなかった場合、日曜日に予約が埋まっているとすれば、そのまま夏タイヤで道路を走行するしかありません。

非常に危険な行為と言えるため、早い段階で決断し予約を入れておくことが必要です。それ以外に関しては、特にいつでも交換をしてくれますがもしディーラーなどで交換が難しいケースもあります。予約が埋まっている場合があるからです。この時には、近くのガソリンスタンドでタイヤを持ち込みし交換してもらうのが良いかもしれません。

ガソリンスタンドといえども、整備士の資格を持っている人が交換するため、いい加減な交換にはなりません。ただ、営業行為などがあることも考えられるためその点は意識をしておきたいところでしょう。