オフロードバイクについて

市街地やサーキットなど舗装された路面を得意とするものをオンロードバイクといいます。一方、土や砂など舗装されていない路面を走行することができるものをオフロードバイクと呼びます。凸凹した道を走りやすいように、フロント21インチでリヤ19インチのような大径のホイールが装備されます。また路面からの衝撃を吸収しやすいいうに、長いストロークを持つサスペンションを前後に装着するなど、未舗装路の走行に適した設計です。

エンジンには4ストロークや2ストローク、単気筒などあり、排気量は50ccからリッタークラスまで幅広いです。排ガス規制やインジェクションの変化を受けて、単気筒4ストロークエンジンにインジェクションを組み合わせるのが人気です。オフロードバイクの魅力はどこでも行けることです。オンロードバイクでは絶対に行けない悪路や水たまり、勾配を突破して楽しみます。

専用タイヤを装着しても、実際に挑戦すると難しいことが分かり、さらにライダーたちを熱中させます。また林道ツーリングができます。林道を走りながらそのまま目的地まで行けるもので、壮大な景色が望めます。また経済的負担が少ないです。

各パーツが比較的安価で販売されています。プラグは1本で、エンジンオイルも1リットルほどとメンテナンスにかかる費用が安いです。そもそも丈夫な車体であれば、転倒してもダメージを受けません。カスタムパーツもオンロードバイクより安くで手に入ります。