車を廃車にする前に専門業者による買取査定を

使わなくなった自動車は運輸支局に行って廃車手続きを行わなければなりません。そうしないと使っていない車のために毎年、自動車税を払わされる羽目になるからです。よほどお金に余裕のある人でもなければ乗れない車を安くない税金を払って所持しておこうと思う人はいないでしょう。しかし、廃車手続きをするためには普通車の場合、車の解体費を含めて2万円前後の費用がかかります。

また、運輸支局まで行って手続きをするもの結構面倒なものです。これを回避する方法としては専門業者に買取ってもらうという手段があります。廃車にするような車を買取ってくれるのかと疑問に思われる方もいるかもしれませんが、そんな車でも意外に価値はあるのです。まず、車のボディは鉄でできていますからその鉄自体に値打ちがあります。

鉄の相場は世界情勢によっても変わってきますが、普通車1台で5万円以上したこともありました。そして、車自体は使えなくなっていても中の部品にはまだ利用価値があります。走行距離が10万キロ以上、年式が10年以上前の車でもエンジンやミッション単体ならば意外と使えたりするものです。国内では需要がないとしても東南アジアなどの途上国では、古くなって安く手に入る部品は重宝されています。

さらに、人気機種であれば国内でもほしがる人は多いのでパーツを交換して転売することが可能です。ポンコツだから価値はないだろうとあきらめず、廃車手続きをする前に一度、専門業者に買取査定を依頼してみてはいかがでしょうか。